排水管更生における工事の迅速さについて

都会から子育てのために、自然の多い地域に引っ越しをしました。空も空気もきれいであり出だしは上々であったが、暮れも押し迫るころ、トイレも台所の流しも流れが悪くなり、どうにか汲み置きの水を流したりしてその場をしのいでいました。ある朝、完全に流れなくなってしまい、業者を呼ぶことになりました。電話して、午後に来ていただきみてもらいましたが、排水管が古いということ、けれど排水管更生をすることで全ての管を取り換えるよりも金額が抑えられること、工事が簡単なことを教えてもらいました。主人と相談して排水管更生をしてもらうことにし、同日の午後8時ごろには工事も終わり、本当に安堵しました。排水とは普段の生活になくてはならないものですが、あまり普段意識をしていないことでもあり、今回の事で家の表面ばかりでなく、インフラともいえる配管について、もっとメンテナンスを考え、資金もためていかなければいけないと感じました。

排水管更生で確認したい研磨の施工

排水管更生を行なうことで、排水管の内部は清掃されるだけでなく、汚れや雑菌が除去されて衛生的な環境に整います。汚れや雑菌を除去するには、研磨の施工がポイントになります。通常の排水管の内部の清掃には、高圧洗浄が施工されます。高圧洗浄では落としにくい汚れがあります。油脂成分による固形物です。油汚れが低温下で固形状になり、固形石けんのように排水管の内壁に付着してしまう現象です。高圧洗浄だけでは、固形物の付着を完全に落とすのは困難です。高圧洗浄は圧力を利用して汚れを押し流す作業です。高圧洗浄よりも効果が大きいのが研磨です。研磨施工の小さな機材が、排水管の内部を進むことで汚れと雑菌を除去します。研磨は最上階から施工し始めて下の階へと移動していきます。研磨は強力に固形状の汚れを削り落としますので、落とした汚れが新たな詰まりの原因にならないように最上階から下の階へと施工するのがポイントです。

排水管更生において必要なこと

排水管更生においての方法は多数あると考えられます。ひとつは薬剤を流してつまりをなくしてしまうようにすることです。こちらにおいては髪の毛等が主だと考えられますのできつめの薬剤になると考えられます。手につかないように管理することも必要ですが、何よりゴーグルを着用するなどして目に飛ばないように心がけることが大切だと判断しています。意外と目に飛ばないようにすることは盲点で結構めがねをせず施術している方が多いです。つまりを長い針金の先に布を付けてという初歩的な方法もありますが、こちらもはじめに述べました薬剤との併用で薬剤のあとで針金を通して水のとおりをよくするという方法もあります。布のついた針金だけで排水管が更生されることもありますが。どちらにせよまず自分でやってみるということも大切ですが、良い業者さんを探したほうが良いと考えられます。

Powered by WordPress | Designed by: wordpress themes 2011 | Thanks to Best WordPress Themes, Find WordPress Themes and WordPress Themes