oemはOriginal Equipment Manufacturerの頭文字をとった名称で、直訳すると自社の製品を製造する会社となります。日本においては、納入先のブランドの製品を製造する会社を示します。またその為の契約を包括して呼ぶこともあります。自社ブランドの製品を他社に製造させることもoemと表現されます。では外注や下請けとは、どのような違いがあるのでしょう。まず自社製品を持った会社Aがあるとします。この会社Aは自社製品を製造する一部を会社Bに委託します。これはA社がB社に製造を外注する状態です。一方で自社製品を大手の会社Cの知名度・営業力・販売力を利用して、会社Bの商品を販売している場合、B社はC社に製品をOEM供給していると表現します。

オリジナルシャンプーをOEM供給するとき

ある会社が製造した商品を効率よく販売するため、大手の会社の企業ブランドを利用するとします。この自社製品を作っている会社自体をoemといいます。これはオリジナルシャンプーをはじめ、あらゆる業界で使用されている販売方法で、企業同士のメリットがあります。製品を製造する工場がなく、すぐに商品を作れない会社が、製造をお願いすることで新製品の出荷をスピーディーに行えるのです。その逆に、中小企業の場合は商品開発の技術はあっても、営業力がないという時に大手の企業のブランドに自社製品を販売してもらうことで、商品を大量販売することができます。大手の企業も他社のブランド商品を売るよりも、低価格で販売できる利点が生まれます。そして低価格で良い商品を消費者に提供できるのです。

オリジナルシャンプーを販売してもらう注意点

oemで販売をする時には、開発したオリジナルシャンプーの成分や内容を真似されないように、きちんと契約書を交わしておく必要があります。他業者に同じ商品を開発されないようにしておかなければ、低価格競争となって利益が出なくなる恐れがあるのです。またこの販売方法は企業同士、お互いの利点を活かして販売する形態をとる為、信頼できる企業同士で取引を行うことが基本です。海外の業者に頼む場合、販売したい商品と違うものが出来上がってトラブルとなることがあります。そもそも開発を主導するのは製造を行う企業でなく、商品の製造を依頼してくる企業になります。売り出す商品を代行して製造するのですから、どんな商品をいつまでに作って収めて欲しいと決めるのは注文主となるので、十分に話し合いを行うことが大切になります。